新たなるエネルギー
 東京発――3月3日(日本時間)、エネルギー資源に乏しい日本の科学者が、ガソリンを得るための新たな供給源を発見したと発表した。それはなんとウシの糞だ。

 東京農工大学の澁澤栄教授によると、澁澤教授の研究グループは牛糞を高温高圧の状態に置き、牛糞100グラムあたり約12グラムのガソリンを作ることに成功した。

 大量の糞を処理する負担を軽減できることから、「この新技術は、畜産農家に歓迎されるだろう」と澁澤教授は話す。澁澤教授によると、日本では1年間に約55万1155トンもの牛糞が発生している。

 資源エネルギー庁は、牛糞からガソリンを取り出すというのは前代未聞だと述べた。日本は石油やガソリンの供給をほぼ全面的に輸入に頼っている。

 澁澤教授によると、今回、東京とつくばに本部がある産業技術総合研究所(産総研)の協力を得た同教授のグループは、牛糞と複数の金属触媒を入れた容器に30気圧の圧力をかけ、摂氏300度まで加熱した。触媒の詳細は明らかにできないと澁澤教授は話している。

 この研究グループで技術を改良し、5年以内に実用化したい、と澁澤教授は言う。

 また、これとは別に、牛糞ビジネスの可能性を示す研究がもう1つある。積水化学工業によると、同社の研究グループは牛糞からバニラの芳香成分であるバニリンを抽出することに成功した。バニリンはシャンプーやアロマキャンドルの芳香剤に利用できると同社は話す。

 この研究は積水化学と国立国際医療センター研究所との共同プロジェクトで、牛糞を溶かした液を高温高圧の状態にしたところバニリンが抽出されたと、積水化学は説明している。
[PR]
by e000e00019 | 2007-03-06 21:49
<< 「板チョコ、うまいですからね」 理研 >>